憎きメタボリックシンドロームにならないために!

食べ過ぎとメタボリックシンドローム

トップページ > 食べ過ぎとメタボリックシンドローム

食べ過ぎによるメタボリックシンドローム・・もったいない!!

まず、メタボリックシンドロームの原因の一つである、内臓脂肪が貯まる理由についてですが、
まず第一に挙げられる理由が「食べ過ぎ」です。
まず、 私たちが食べたものというのは、消化・そして吸収がされる過程において、
体内でエネルギーへと変わっていきます。
そして、それ以外の要らなくなった老廃物などは、排泄物として身体の外へ捨てられるといった仕組みとあんっているのですが、
この時、作り出されたエネルギーが、そのまま使われずにいると、その余分となったエネルギーは「脂肪」という形として体内に蓄積されていきます。
当然、このように溜め込まれるエネルギーが必要以上だった場合、そして、余分にエネルギーが体内に生成された場合でも、たくさんの脂肪が体内に蓄積されるということになります。

この現象のことを「肥満」といいます。
特に、内臓脂肪は非常に貯まりやすいために、そのままメタボリックシンドロームを引きおこしてしまう、直接的な原因にもなるのです。

こうした「脂肪」からメタボリックシンドロームになっていくまでには、明らかに現代人が「食べ過ぎ」ているため、エネルギーを体内に余分に蓄えすぎているということに起因してくるものだと考えられています。

30代からのメタボリックシンドローム対策

30歳になってからは、メタボリックシンドロームにならないためのあまり食べ過ぎないようなライフスタイルを心がけてみることをオススメします。

私たちの日常生活において、最低限必要なエネルギーというのは、30歳を過ぎた頃から、少なくなっていくものです。
それはつまり、それほどエネルギーを使わなくなっていくことでもあるといえます。
たとえ同じ量を食べたとしても、余分なエネルギーが増えてしまうため、脂肪が貯まりやすくなってくるのです。
脂肪が溜まりやすいということは、メタボリックシンドロームになっていくのと同義となってきます。
この現象のことを「基礎代謝量の低下」といいます。
人間は30歳を超えると、その身体は勝手に「省エネ」になっていくために、それとイコールして、必然的に食べる量は少なくても済むようになってきます。

ところが、若い頃と同じようにに食べてしまうと、脂肪が貯まってくるようになり、結果的にメタボリックシンドロームへの道へ進んでいきます。

このメタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪というのは、実は食べ過ぎによって起こるものです。

また、食生活の変化から、脂の摂取量も飛躍的に増えています。
脂は脂肪を溜めやすく、メタボリクシンドロームを引き起こしやすくなります。

食と、メタボリックシンドロームは、密接に繋がっています。
健やかな食生活を送り、メタボリックシンドロームとならないように、気をつけていくのが大切です。

pickup

オステオパシーの洗練された技術をやさしくときほぐし、実践をとうして各自がすこしでも身につけられるように熟練の講師により公開されている。

オステオパシー

これから歯列矯正治療をはじめようとする方はもちろんのこと、現在治療をおこなっている方、処置内容に不安のある方に対しても参考になるサイトです

歯列矯正 東京

理想のウェデディングのカタチを実現いたします。

レストランウェディング

ネイティブ・マンツーマンのオンライン英会話

オンライン英会話

きらきら輝くオリジナル商品を多数取り揃えています。

サンキャッチャー

2014/12/18 更新

TOP